はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
パリの桜
kanzan
現在パリのあちこちで満開の八重桜「関山」

今年は桜の開花が早い。
去年一昨年に比べて2週間位早いのではないだろうか。今年は1月など零下続きで久々の寒波だったと言うのに、早咲きの桜はもう3月半ばから咲き始めた。一昨年は日本人が花見に集まる ソー公園 Parc de Sceaux に、4月半ば近くに行ったらまだ全くの蕾だった。その年は暖冬だったので早いと思ったら前の年より遅かった。開花は直前の気候が関係するのだろうか。

ソー公園の桜は奥のピンクの木立と言われる場所と、白の木立と言われる手前の場所がある。白の方はヨーロッパ系の桜でサクランボのなるセイヨウミザクラ、ピンクは八重桜の関山。
しかしやはり私にとっては、桜というとソメイヨシノのような、あの儚げな薄ピンクの花なんだな。
パリの街路樹にも春になると花をつけるものは多く、桜に見えるものもよく見かける。
その中には薄ピンクのものもあり、それらはソー公園の桜より私のイメージする桜に近かったりする。
桜にそっくりでもスモモだったり、アーモンドだったりすることもあるようだが、近所の小さな木は花といい葉といいどう見ても桜に見えるので気になっていた。

植物には全然詳しくないけど、かつて図鑑を見るのが好きな少女だった私は、前からパリ市内であちこちで見かける街路樹の正体が知りたかった。そうしたら、通り名を調べることのできるサイト発見。逆に学名から検索して植えてある場所を知ることも出来る。オープンデータパリというサイトで、街路樹だけではなくいろいろなことが調べられる優れモノ。

街路樹を調べるのはこのリンクから。
http://opendata.paris.fr/explore/dataset/arbresalignementparis2010/

公園や庭園などはこちらから。
https://opendata.paris.fr/explore/dataset/les-arbres/

昔からある木は入力されてなかったりするが、うちの近所など最近植えられたものが多くほとんど調べられた。
まずは、私が日本の桜に似てると思ったものは下の画像で、やはり桜だった。3月20日撮影。

 prunus_x_hillieri _spire
prunus x hillieri ‘spire’
日本のサイトで調べると、そのままスパイアー。ヤマザクラ系の雑種ということ。日本の桜に似ているけど、ヨーロッパ生まれのようだ。オープンデータで学名から調べるとこれが植えてあるのは家のすぐ近くともう数箇所で少ない。でも可憐で好きだな。
このスパイアーは早咲きで、3月の半ばにちらほらと咲き始めたけど、同じ時期にはプラムなどがすでに満開だった。

以下3種類は桜ではないが、3月半ば、全てうちの近所で見かけたもの。

Prunus_x_blireana.jpg
Prunus x blireana ブリレアナプラム。一説によると日本の梅が入っているとか。

Prunus_cerasifera.jpg
Prunus cerasifera ベニバスモモ。その名の通り、赤紫の葉をつける。

Poirier_de_Chine.jpg
これは私有地で、下に廃線跡があって柵越しに撮ったので、近くで見てないからよくわからないけど、同じ時期に街路樹でよく見かけるものと同じならば、マメナシかなあ。

P_ceinture.jpg
ついでにマニアにはたまらない下の廃線跡の写真。Petite Ceintureといって、パリの輪郭を描くようにぐるりと一周していたけど1930年代に廃線となった。でもうちの近くとか一部残っていて、鉄道ファンなどがよく写真を撮っている。

以下は今現在。まず、上にも載せたけど、今満開の関山。
これもうちの近所。

kanzan.jpg
パリで一番良く見かける桜。気候に合ってるのか、フランス人にはこういう華やかな桜のほうが受けるのか。
その一角に妙な木が1本。

cerisier_bicolore.jpg
あれ?白っぽい花が。別の木が紛れ込んでるのか。

cerisier_bicolore4.jpg
cerisier_bicolore2.jpg

いえ、一本の木から出ている。

cerisier_bicolore3.jpg
アップ。しかも種類が違う。白い方は一重。

桜は1つの木で2色咲くことはないと読んだし、そもそも種類が違うし、おそらく接ぎ木か。

次は薄ピンクの小さめの八重桜、こちらも今満開。

rue_esquirol.jpg
Prunus serrulata 'Amanogawa' 天の川。
ここはrue Esquirolといい、うちと同じ13区内だが、少し離れたところで、自転車でよく通る。ゴダールの初期作品、かの有名な「女と男のいる舗道」のラストシーンの通り。当時の殺伐とした面影はもうない。この桜も10年ほど前に植樹されたばかり。
天の川は13区に結構植えられているようだ。
下の花のアップはうちの近所で撮ったもの。
amanogawa.jpg



さて最後におまけ。

Toona_sinensis_Flamingo.jpg
Toona sinensis 'Flamingo' チャン・チン フラミンゴ 別名唐変木。
5区と13区を隔てるbd. St Marcelに数年前から見かけるようになった。一見花かと思うようなピンク。まずピンクの若葉がでて、次第に薄黄色になり、緑になるそう。
 
スポンサーサイト
【2017/04/05 02:47】 | パリ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。