はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ドーナツを求めて

 先々週くらいか突然ドーナツが食べたくなった。
特別にドーナツが好きというわけではない。村上春樹がエッセイや読者とのメールのやりとりでダンキンドーナツのこと書いててもふーん、といった感じであった。
でも突然ドーナツ、なのである。以後その日にもよるが、ドーナツとアメリカンコーヒーの組み合わせがまとわりつき、頭から離れない。そんな状態が微熱のように続き。バスの中でもドーナツの絵を描いてしまうほど、っていうのは大げさか。「ドーナツ食べたい」とつぶやいたら、なんとうちの息子はドーナツなるもの知らなかったので絵に描いて説明したのであった。そう、フランスではドーナツはほとんど見かけない。なので知らない子がほとんどだろう。たまーに売ってるけどね。

 売ってるところは、RERの駅などにある菓子パンが売ってるスタンドやスターバックス、など。とうとう我慢できなくなって今日はスタバに飛び込んだ。うう、念願のドーナツ‥
・・・・・・・・・・・・違う・・違うんだよっ。こんなの私の求めていたドーナツではない。スタバのそれは柔らかいく、表面はグレーズドというやつか、砂糖のアイシングでコーティングしてあった。いやこのグレーズドもスタンダードなのではあるが、なんか違う。
 形こそアメリカンであるが、これはあれではないか、フランスでよく見かけるベニエってやつ。一応ドーナツのようなもの、ということになっているがベニエはイーストタイプの生地で穴あきではなくて通常中にクリームとかジャムが入っている。その生地とほとんど同じだ。つまりアメリカ人のフリをしたフランス人てやつだ、これは。私はミスドで言うところのさくっとしたオールドファッションドを求めているんだが。ミスドにもイーストタイプのものはあるが、もっとおいしかったぞ。

 おまけにコーヒーが激まずかった。4分の1も飲めなかった。スタバはコーヒー牛乳にさらにミルクを入れたようなカフェラッテが気に入ってたので最近ちょくちょく入ってたが、ドーナツといったらアメリカンよね、とアメリカンコーヒーを注文するつもりだった。しかしカフェ・アメリカンというところを見ると薄めたエスプレッソとしてあるではないか。ちょっと違うなーと思ってみると「今週のコーヒー」というのがフィルターコーヒーとしてある。よしこちらだ、と思って注文したら、保温器にのせっぱなし煮つまった泥水のようなシロモノであった。そうだ、その昔リナズサンドウィッチでアメリカンタイプのコーヒーと言うのを注文したときもこんなのであった。フランスではフィルターコーヒーは注文しないに限る。
というわけでオールドファッションドドーナツに馳せる思いはよけい強くなってしまったよ。
どこかにないかなあ。自分で作るか。

スポンサーサイト
【2007/09/23 20:22】 | 食いもん | コメント(0) |
文化遺産の日
portroyal1.jpg


9月15,16日は文化遺産の日。モニュメントや博物館、施設、その他文化遺産など、この日は普段見学できないをところも見学できる。毎年この時期に開催されるが、いつも行きそびれていた。エリゼ宮とか人気のようだが、そもそも何時間も並ぶ根気はない。

 せっかくの機会に、近所にある一度行ってみたいと思っていたパリ天文台に行ってみた。
ここはこの日以外もガイド付き見学というのはやっていて、団体で予約すれば見学することができる。しかし個人での予約は今は受け付けてないようなので、普段ぶらっと入るわけにはいかない。またこの日以外にも10月に科学の週というのがあって、平日はその分野の勉強や研究をしてる学生、週末は一般の人にもドアが開かれる。

 上の画像は展示してあった昔の天体望遠鏡。私は昔の機械や器具のフォルムが好きだ。その機能のための形や部品がなす美しさ。天秤、地球儀、歯車、etc.こうしたものが展示してあるミュゼ・デ・アール・エ・メティエ(パリ工芸博物館)にも行ったこともあるが、あのように一挙に展示してあると、役目を終えて引退した機械や道具たち、といった感じで若干の寂しさのようなものを感じる。もちろん上の天体望遠鏡も展示してあるにすぎないから同じようなものだろうけど、天文台にあると言うだけで生き生きとして見える気がする。こういった機械や道具は本来の場所に収まってこそその魅力が最大限に生きるのではないか、と。

 しかし一番行きたかった天文台のシンボル、クーポール・アラゴという丸天井の内部は立ち入りが許可されていなかった。残念。こういう感じらしいが。

http://expositions.obspm.fr/Arago/3-ObsArago/5-instruments3.php

 庭に出ると、魔法使いのような格好をしたガイドが子供抜けのお話付き散歩というのをやっていた。子供も一緒だったので、参加する。庭に出るとこちらにも小さな丸天井の建物があって下の画像はその内部。
portroyal2.jpg

ここのはちょっと現代的な望遠鏡だが今でも使われているのかな。
【2007/09/16 20:21】 | カルチャー | コメント(0) |
誕生日に花を
anniv.jpg



 昨日花束をもらってしまった。
‥と言っても私のために用意してくれたわけではない。パリに滞在していて今日帰って行った日本人の方が、花屋さんのお花があまりにもすばらしかったので、花束を作ってもらって滞在先のホテルのお部屋に飾っておいたもの。持ち帰ることができないからもらってください、と下さったのだ。

 花には疎い私であるが、買いたくなってしまう気持ち分かる。こちらの花屋さんて本当にセンスがいいところが多い。もちろん日本にも素敵な花屋さんはいっぱいあるし、日本の繊細な生け方も好きだ。こっちはダイナミックというかシックなのにあでやか、ディスプレイの仕方なんかもちょっと自分じゃ思いつかないな、って感じなのでよけい新鮮に映る。それはお店やホテルのロビーに飾ってある花にしてもそうだ。

 というわけでプレゼントでも何でもなく、相手も「押しつけるみたいで‥」と恐縮していたのだけれど、実にいいタイミングだったのでお祝いでもしてもらった気分になった。
今日は私の誕生日だから。

 実際の誕生日プレゼントとしても子供から花をもらった。って、公園から摘んできたのだろうけど、時計草の花の部分。しおれるから、とティッシュに包んで冷凍庫に入れてあった。私が何でも冷凍するのでまねしたんだろうが。子供はこの花が目下のお気に入りのようだ。私も時計草は好きだし、何よりもやはり子供からのプレゼントというのはうれしいものだ。凍ってたけどね。


【2007/09/09 06:01】 | ダイアリー | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。