はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
久々のお仕事
AI_carte_ill.jpg

 久々のお仕事、というのはイラスト描きとしての、です。普段のお仕事は地味ながらやっておりました。
一昨年のアムネスティ・フランスのポストカードに続いて、昨年末はアムニスティ・カナダ・フランス語圏セクションのポストカードにイラストを提供しました。と言っても新作ではなく3-4年前に描いた古い作品なのですが。
 最初にメールが来たとき、え?Amnistie?Amnestyの類似団体?って思ったけど、アムネスティ・カナダにはフランス語圏セクションが独立してあり、 Amnesty(大赦, 恩赦)のフランス語Amnistieを名に冠しているわけです。ちなみにアムネスティ・フランスはというとそのまま英語でAmnestyです。
 今回はセットではなくて上のカード一種類のみですが、これはMarathon d'écriture 2007(ライティング・マラソンとでもいおうか)というキャンペーンのためのものです。フランス語ですが詳細はこちらに載っております。
 人権保護のデモを起こしたため思想犯として外国で投獄されたケースをはじめ10のケースについて説明があります。当人達を励ますため、新年カードを送ろうという趣旨です。

 よろしかったらこのブログをご覧になっている皆様も参加しませんかと言いたいところだけど、これは年末のキャンペーンであったのでもう遅く、サイトを見ると12月まではトップページの一覧に載っていたけど、今はもうメニューから消えている。なんでこんなに遅くに載っけたかというと、カードがやっと昨日届いたからなのである。途中で取りやめになるかもしれないし、カードは今回はサイト上に掲載されていなかったので、現物が届くまでは公表を控えていたのである。消印を見ると12月上旬に出してある。年末なので混んでいたのであろうか。

 さて話変わって今イラスト作成ソフトのIllustratorと格闘中なのである。絵をソフトで描くときはPhotoshopを使っていた。本来は写真レタッチ用のソフトであっても、私が描く程度のものはこれで十分間に合う。私のサイトに展示してある、 数少ないCG作品とアニメーションもすべてPhotoshop(アニメーションは厳密にはPhotoshopに入ってるImage Readyですが)で作成した。もともとは絵の構図や色を決めたりするのに使い始めたのであって、今でもそちらで使うことがほとんどである。IllustratorはPhotoshopと同時期に使い始めようとしたのだが、どうも取っつきが悪かったので、すぐに使わなくなった。 

 しかし最近になって、Photoshopで作ったビットマップ形式では駄目で、ベクター形式でイラストを作る必要性が出てきた。それにはIllustratorなどのソフトが必要である。ツールなど見て、ふん、当時は初心者だったから(って今はどんなもんなのよ、って突っ込まないこと)挫折したけど、Photoshop使ってりゃ基本は同じでしょ、なんて構えてたらこれが甘かった。パソコンの前で、きーっどうしてこの操作ができないのよ!どーしてヒストリーのウィンドウがないのよ!ってかんしゃく起こす日々。

 息子もPhotoshop使うようになった。ポケモンカードをスキャンして絵やテキストを加工してオリジナルのカードを作り始めたのがきっかけだ。最近は普通の絵も描いている。ただでさえのめり込みやすく、飽きっぽくない性質なのでこういうものを始めると非常に危険だ。外で遊ばなくなるかも。なので教えるのは最小限にしてるが無駄なことだ。どんどん操作を覚えていく。子供の柔軟なアタマがあればIllustratorだってすいすいと覚えられるのに、とうらやましがっている毎日である。
スポンサーサイト
【2008/01/17 02:39】 | 絵本・イラストレーション | コメント(4) |
華やかなりし時代の面影
 さて、先週からバーゲンが始まった。バーゲンになると行くところがある。それはレ・アール北にあるレオミュール・セバストポール。ここには大手婦人服メーカーKのアウトレット店があり、普段から通常の店舗より随分安いのであるが、バーゲンになるとそれがさらに半額あるいはそれ以下になってとんでもなく安くなっていることがある。 ただ、やはりワンシーズン以上前のものなので大部分はこりゃ売れ残るよな、っていうのばかりだったり、ワンシーズンどころ一体何年前の売れ残りを出して来たのさ、ってものなんかもある。しかし当たりの時もあり、そんなときはすごく得した気分。今回はなかなかヒット。

 さて、今は衣料問屋街になっているこの界隈であるが、前から注目していたのはそれら建物の面白さ。さまざまな意匠を凝らした建物がたくさんある。現在スーパーが入っている旧フェリックス・ポタン跡を始め、かつては華やかだったであろう面影を感じさせる建物が多いのだ。

 まずは私が時々行くそのお店の建物、以前はおそらくデパートだったであろうという構えだ。気になっていたので以前タクシーで通りがかったとき年配の運転手に訊くとプレタポルテかなんかの百貨店だったということだった。今回詳しく調べてみるとやはり半世紀ほど前まで営業していたア・レオミュールというデパートであった。こういった昔のポスターやパンフレットなんか見ているとなんだか心が躍る。


(写真はすべてクリックすると拡大します。)

areaumur.jpg
ズームで撮影して初めて時計の部分に名前が入ってたことがわかった。

  そして前述のフェリックス・ポタン(Felix Potin)とは何かというと、その昔かなり繁盛した食料品店である。20世紀半ばになるとミニスーパーのチェーンとなり、その後経営者が変わってから会社が傾き始め、ギリギリ私がパリに来たばかりの頃までいくつか小さな店舗が存在していたがその後完全になくなってしまった。90年代半ばくらいのことである。倒産した直後テレビで、フェリックス・ポタンの成功と衰退、みたいな特集番組をやっていて、初めてどこにでもあるようなそのミニスーパーがかつては大きくて瀟洒な店舗を構えていたことを知った。
 下の画像が1860年に建てられたレオミュール店、大店舗の1号店である。今はスーパーのモノプリが入っている。

potinreaumur.jpg
昔のデコレーション・ケーキみたい。

2号店は20世紀に入ってからレンヌ通り建てられた。今では大型チェーンのブティックZARAが入っている(昔は確か安売り店のTATIが入っていたはず)。


potinmontp.jpg
レンヌ店。砂糖菓子のような屋根がラブリー。

こちらはサロン・ド・テの名残も留めており、最盛期の様子など想像してみたりする。テレビで見たときは写真が出てたと思うが改めて当時の店内の様子などを見てみたいと思うが、Felix Potinで検索しても出てこない。ただ、同時のポスターやらチョコレートのパッケージ、オリジナルの香水瓶なんかの画像を見ることができる。

fiveoclock.jpg
サロン・ド・テだった部分か。
THE - LUNCH - PTISSERIE - FIVE O'CLOCK
となぜか英仏語交互に書かれている。


 パリ(というかヨーロッパ)の建物で私が面白く思うのは、昔の屋号やら看板、以前入っていたお店の装飾などをそのまま残してるものが結構あることだ。いろいろと想像をかき立てられる。もともと子供の頃からデパートというものが好きなせいもあって、今回も過去に存在していたデパートをいろいろと調べたら止まらなくなってしまった。しかし意外と詳細については残ってないものだ。

 かつてパリにあったデパートのリストも見てると、オペラ通りにもAu Gagne-Petit というお店があったようだ。今はそんな形跡ないよねえ、と思ってたらモノプリオペラ店の向かいを通りがかったとき、正面玄関の右上の部分にAu Gagne-Petit の文字が刻まれている。そういえば以前、妙に立派だがこの部分は何なんだろうなあ、と見てたことがあったっけ。こちらも撮って来ました。

augagnepetit.jpg

 当時の外観はこちらで少し見ることができます。デパートと言うより大きな洋品店かな。ルーブル横の大きなアンティックショップもかつてのデパートだったところです。 

 私は歴史に関してはからきし弱く、パリに住んでるからにはそれぞれのモニュメントの歴史的背景をしっかり知っておくくらいはしなくちゃ、と思いつつおざなりになっている。どうも高校の時の年号暗記などの思い出につながっているせいかだめだ。歴史の本を前にするとパブロフの犬的条件反射で眠くなってしまうか、同じ行を行ったり来たり。

 しかしこういった街角の小さな歴史とか風俗史みたいなものになると別だ。忘れ去られてしまったもの、教科書には決して残らないだろう、その界隈のおじいさんが一番よく知っているような話、そんなのが好きだ。
 成り行きで残ってしまったもの、そんなものは積極的に過去が知りたくなる。特に閉鎖されてそのまま、当時の様子が散らかったままほこりをかぶって残っている、なんてのはなんだか分からないが結構ぞくぞくするシチュエーションなのである(ヘンですよね)。なんというか閉じられた部分に繰り広げられていた物語、時とともに何となく封じられてしまったような、そしてやがては忘れ去られていくであろうそんなものに惹かれるのかもしれない。 

 しかし、それらのものは実際成り行きで残ったものなどではないのだ。パリ市のサイトなどによると、どんなささいなもの、建物の一部であってもでも特筆すべき何かがあるところは、ちゃんと保護する対象としてリストアップしてあるそうだ。


【2008/01/11 08:40】 | | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。