はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
香り立つエレベーター
 半年前の閉じ込められ事件に続いてまたエレベーターのお話。
ここ2年ほど前からエレベーター内で小用を足す犬がいるようで問題になっていた。

 初めは稀にアクシデント的に起こるという程度だったが、だんだんと頻繁になってきて今年の初めにからはエレベーター横の掲示板に「2008年がよい年となるよう、住人の皆様マナーを守りましょう。犬の飼い主はトイレのしつけをきちんとして下さるようお願いします。」という紙が貼られている。
 しかし張り紙の効果は無く、逆に挑戦するかのようにその回数はいっそう増えた。

 エレベーターは2基あるがそのどちらでも発生しており、いずれも奥の隅大体は右側で用が足されている。エレベーターの床には藁葺きのようなマットが敷き詰めてあり、たっぷり水分を吸い込んで濃い色の染みを作り、数日間鼻を突くような臭いを放っている。住人により何度も貼り紙で警告がされるも、飼い主はお構いなしといったところか一向に事態は改善しない。

 とうとう先月嘆願書と銘打って署名を募る紙が貼り出された。もちろん私も署名したが、それによると犯人(犯犬?)は恐らく週末になるとここの住人を訪ねてくる外来者とその犬(そういえばいつも週末に起こってた気がする)。飼い主はもっと気をつけて欲しい、これが続くようなら訪問先の住人に介入してもらう、という内容であったがその紙が貼り出されてしばらくは起こらなくなった。

 しかしまた先週、今回は妙な前兆とともに起こった。週末ではなく金曜日、各エレベーターの隅、2,3箇所に小さな染みが出来ていたが、洗剤か消臭剤の臭いのようであったしこれは何だろう??と思ってたがそれに続いて、土曜日の朝例の臭いつきの大きな染みが出来ていた。

 本格的に怒った住人の一人は前回のような手書きのものではなくワープロで打った嘆願書を貼り出し、再度署名を求めている。今回の署名はアパートの組合に宛てたもので、床のマットを取り外してほしいという内容も入っている。

 この執拗さに一時は犬ではなく変質者の仕業かなと思ったりした。以前の貼り紙にも「犬じゃなく人間だったりして」という書き込み(Fの字じゃん・・)があったが、それについては「これは犬の臭いです」と断言するレスがついていた。
 しかし犬だとしてもこれは単に不注意なせいのであろうか。何か悪意のようなものを感じる。結構エレベーターの中は広く、いつも奥の隅にしてあるので犬がそちらの方に行かないよう注意することはできそうなものだが、そこまで行くのを黙って見てるものだろうか。もしそれを遮るのが難しいのであれば階段を使用するだけのことだと思うが。
 放火魔ほど悪質ではないにせよ、こういった迷惑行為をして楽しんでいるといったクチではなかろうか。

 そういえば中学の時は女子更衣室で、高校の時はあまり普段使われない女子トイレで似たような事が頻発していた事を思い出した。あまり詳細に書くと汚いので省略するが、要するにそういうことをして楽しんだりスカッとしたりする人は結構いるということだ。

 人づてあるいはフランス在住者のための掲示板などで近所とのトラブルの話をちょくちょく聞く。かなり変な人もここパリには珍しくないようだが、幸いそういう住民とは今まで無縁であった。
 恐らく住民ではないとはいえやはりそういう人間がうろうろしているというのはあまり気持ちのいいものではない。臭いも迷惑だがなんと言っても執拗に続くそういった行為の不気味さが一番気になる。

スポンサーサイト
【2008/10/22 00:18】 | 生活 | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。