はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
天才Akinatorと遊ぼう
akinator1

 Akinator, le genie du Webというゲームのサイトがある。子供がFと遊んでいたのを見て私もやってみた。まず実在でも架空でもある人物あるいはキャラクターを思い浮かべる。それを天才Akinator君が誰なのかを推理して言い当てるというものだ。

 いろいろと質問してくるのでそれに答える。「世界的に有名かな?」とか、「実在の人物かな?」「映画に関係してる?」などなど。わからなければわからないでいいし、確信なければ「多分そう」と答えればよい。
 ネットゲームの発達した日本ならこんなサイトもすでにあるかもしれないが、私は初めてだったので結構熱中してしまった。私はフランス語でやってたが英語にも切り替えられる、というかオリジナルは英語かな?
 
 どうせ子供向けだろうからメジャーなものしか答えは出ないだろうと思い、まずは星の王子様で試してみた。正解。ふむふむ。では次はマイケル・ジャクソン。途中で「鼻をいじってるかな?」あたりでもう見当はついてるかな?と思ったけど、正解。
 ではもう少し難易度高くして、デヴィッド・ボウイ、ちょい古いかな?データがないかも。しかしこれも難なく正解。でもさすがにデヴィッド・リンチは無理だろうと思ったらこれも正解。ジャン・リュック・ゴダールではどうだ。おお、正解。毎回これだけの情報でどうしてわかるの?って感じだ。
 ジョニー・ロットンでやっと間違えた。彼は「ザ・スミスのモリッシー」と答えた。なかなか微妙な間違えぶりだ。正解はこの中にありますか?というリストがそのあと出てきて、その中にはちゃんとジョニーの名前はあった。

 子供は赤ずきんちゃんポケモンやムーミンでトライしている。ムーミンはこっちじゃそんな有名じゃないから無理じゃない?なんて言ってたら、正解。英語圏じゃ結構有名なのでそっちのデータが訳されてるのかな?そういえばフランス語訳も出てるしな。ポケモンの方はポケモンキャラクターと言うところまでは合ってるが、細かい種類は間違えている。

 というわけで12月の夜長にAkinator君と遊んでみませんか? 

スポンサーサイト
【2008/12/16 08:30】 | PC、ネット | コメント(4) |
モントルイユのサロン・デュ・リーヴル 2
montreil3.jpg
私が作品を見てもらった出版社のブース。灯台が可愛いかった。


 さて日曜日の午前、またモントルイユにやってきました。今度は子供も一緒に。
アポイントなしで見てくれるというその出版社は小規模でかなり個性派揃いだ。まっすぐな感じよりどこかいびつでかなりひねりのある絵柄や内容のものが多い。自由で型破りな発想、シニカルなものありブラックユーモア的なもの、まあそんな感じ。
 ほかのブースと同様にここでもサイン会を行っている。昨日応対してくれたちょっと不思議な感じの男の人が編集者なのだろうか。若いような、おっさんのような、眼鏡に無精ヒゲ、ジーンズを膝くらいまでまくり上げ裸足でペタペタとブース内を歩き回っている。中で誰かの作品を見てるのでおそらくそうであろう。

 やっと私の番が回ってきた。まず最初に「うちはスタイルが明確にあるので、滅多にいい返事はできないけどね。」と言われる。
 やはりうちのスタイルとは全然違う、と言いつつもかなりきっちりと見てくれた。大体ディレクタ-との面談の時はイラストを見るのみで、シナリオはほとんど読んでもらえず、まあ改めて送ってよって感じだが、ここの人はきっちり読んでくれた。
 2作あるシナリオのうち1作はかなり漫画タッチなのでこちらは見せるつもりなかったが、まあ一応、って感じで見てくれた。こちらの作品は最近キャラクターデザインをがらりと変えたのであるが、新しいデザインの方がずっといいとまで言ってくれた。

 最終日の月曜日はプロフェッショナル向けの日。平日の午前中とあって、昨日までと比べると混雑は少ないが、作品ファイルも多人が目につき、ブース内で作品を見せている人もちらほらいる。アートディレクターとの面談コーナーにも人があふれている。

 私はと言うと自己嫌悪。自ら作品を見てもらうチャンスを逃してしまった。
 今日初めて見るた出版社があったのでどんな傾向か内容をチェックしていたら、そこのブース内にいた年配の男の人のところに作品を見せにやってきた人がいた。あ、この男の人編集の人だったんだ。アポイント必要だろうか、飛び込みっぽく見えたけど。よし、この次私のを見てもらえるか聞いてみよう‥かな。絵本を読むふりをしながら様子をうかがっていると、別の人が作品を持ってやってきて、前の人が終わるとちょっと躊躇した分遅れを取った私より先にその男の人に声をかけた。ではこの次‥、しかし分厚いファイルだなあ。なんかいつも思うことではあるが、私のファイルは貧弱だ。あのあとだと見劣りするかなあ、とよりいっそう躊躇モードが強くなってきた。ブースでじりじり待ちかまえている私は変な人っぽい。2人目の人が終わると関係者らしき女の人が来て、その編集者の人とビズを交わしたあと話が弾みだした。その中に割って作品を見せるのも気が引けるし、すっかりタイミングを逸してしまった。ちょっとその辺ブラブラしてこよう、と思っているうちにしばらくするとその編集者らしき人はいなくなっていた。

 私も午後は仕事が入ってたのでゆっくりできずそのまま帰ってきた。あーあ、自分の押しの弱さがうらめしい。まあ、カタログもらってきたのでシナリオを送るつもりだが、やっぱ直接話って聞きたいよなあ。

 と言うわけで、今年は本当に収穫のない年であった。去年の方がもう少しコミュニケーションを取れてた気がする。




【2008/12/02 08:14】 | 絵本・イラストレーション | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。