はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
年末年始
voeux

 明けましておめでとうございます。本年もよろしく願い申し上げます。

ってかなり遅めのあいさつとなってしまった。
 年末年始と忙しく(年末年始は誰でも忙しいか)、弟が日本から来ていたのでちょいとベルギー方面にも旅行に行っていた。パリも寒いがベルギーはもっと寒く感じた。でもなかなか楽しい旅であった。

 しかしクリスマスとか済むとホッとする。子供の頃はあんなに楽しみだったのにね。『クリスマスとか』と書いたのはその前に子供の誕生日があるからだ。家族で祝うのとは別に学校の友達を招いて誕生日会をするのだが、子供の誕生日はちょうど万聖節のバカンス中になあたるのでバカンス後の週末くらいに行う。今年はどうやってやろうか?とか悩み、同時にそのころからSalon du livreの準備、それが済むとクリスマスだ。誰でもそうだと思うが、クリスマスプレゼントは悩みの種だ。ネタが尽きて来たし。

 あとここのところ歯科に通っている。
 夏休みに日本のかかりつけの歯科に通った話は書いたと思うけど、さらにフランスに戻ってからも歯科に定期的に通って、歯石の除去や日本で治療しきれなかった部分をフォローしてもらうことを勧められた。マイミクさんや同僚がいいと勧める、日本食レストランの並ぶ界隈にある歯医者さんを選んだ。
 一番奥の歯がかなり痛んでいて細菌の温床となるし(いやすでになってたか、腫れてたし)これはさすがに抜かなきゃといわれた。2年半前、日本ですでに抜くか抜かないかのリミットといわれ、それでも無理矢理残してもらったところだが、この夏にやはり「もうこの歯はそろそろダメですねえ」と言われてたし、諦めて抜いてもらった。クリスマス前に抜いて縫合し、3日ほど前に抜糸した。年末抜歯、年始に抜糸。

 しかしこれでジンクスは破られた。そう、私にはちょうど10年に一度体のどこかを縫っているという縫合ジンクスなるものがあった。それに気づいたのは一昨年。健康診断で指摘された脇腹の上にあった怪しげな黒子を除去したのだが、大きめの黒子だったので結構ちゃんとした手術という形で取ってもらって縫合した。幸い黒子は無害なものであったけど、そのときふと「私って結構なんだかんだでよく縫ってるよな」と思い、思い返すとほぼ10年に一度どこかを縫ってることに気づいた。
 
 小学校1年生の時、学校で机の上にのってふざけてて転倒し額が割れて一針縫った。傷口が×だったのでペケ子ちゃんだと身内にからかわれた。前髪の生え際近くだったのでめだたなくて幸いだったが。
 10代は中学生の時、スキップをしながら改造した自転車のとがった部分に突進し太ももグサリでまた一針。
(しかし上の2件はなんか間抜けだな)
 20半ばすぎは親知らずを4本抜いたが、一番大きくて曲がってた歯を抜いたあとは穴になったので縫合。
 30代は帝王切開で子供生んだので。

‥とまあ大きなのは帝王切開くらいだが、また10年後何かあるかなあ、なんてなにげに心配していたら、今回の抜歯後の縫合で2年連続の縫合となったわけだ。ジンクスが破られちょっと安心?って別にそういうの信じる訳じゃないけどさ。
スポンサーサイト
【2009/01/08 17:27】 | ダイアリー | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。