はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
別にたいした話題はないけれど、春です。
bonhommedeneige

 日曜日から夏時間。
 忘れないようにというのと、時間合わせた日は睡眠時間が不足になりがちなので(冬時間にするときは逆に1時間多く眠れるわけだけど)早めに寝るためもあって、自分の腕時計や携帯の時刻などは土曜の夕方のうちに時間を合わせた。子供も自分の目覚まし時計を合わせたと言うが、時間が冬時間のままになっている。操作間違えたのかな?と聞くとちゃんと合わせたという。ではもう一度、と再び合わせる。しかししばらくするとまた1時間戻ってる。よく見ると液晶表示の上にRadio Controledと書いてある。調べてみると今の時計は標準電波というのをキャッチして自動的に正しい時間になるようになってるのね。だから夏時間変更も自動で行われる。
 どうも新しいテクノロジーについて行けない私である。ってたいして新しくないのですよね、これが。標準電波自体は何十年も前から飛んでいる。これをキャッチして自動調整する時計はいつからあったんだろう。うちの初代Mac君はその機能はないようだが、今使っている新古Mac君にはあるようだ。

 ところでいつも思うのだが、こっちって夏時間/冬時間の変更の時ってあまり知らせない。当然でしょって感じかな。ちなみにYahoo!FranceとLe Mondeネット版見てみたけど、私が見た時は、どちらもトップページには夏時間のお知らせは載ってなかった。新聞の隅っことかにはついていたり、テレビのニュースの終わりに、では今夜時間合わせましょうね、くらい言うことはあるけど。でも結構忘れている人もいるけどね。日曜日は子供が友達の家に呼ばれていたけど、時間確認するとき一応、「日曜日から夏時間よね」と念を押すと「あら?そうだったかしら。」という返事。もしこれが日本だったら忘れちゃ大変と、テレビで新聞でポスターでくどいくらい念を押すのではないかな。
 でも上記の自動調整の時計が一般的になってるのならそう念を押す必要もないか。

 画像は春なような、雪だるまなので冬なような。雪だるま君は子供の作品です。
PATAREVという異様に軽くて乾くと固まる粘土で作ったもの。親の欲目を除いても可愛いと思うけど。私のパソコンの前に鎮座してます。
スポンサーサイト
【2009/03/31 07:12】 | 生活 | コメント(3) |
最近のお気に入り
crcaramelbm.jpg

  マイ・フェイヴァリット・シングズ、フランス語だとMes choses preferees 。prefereeは最後のe以外は上にアクサン・テギュ(右上がりのアクセント)がつくんだけど、文字化けするといけないので省略したらなんか間抜けだ。

 ボンヌ・ママンのクレーム・キャラメル(いわゆるプリンね、って説明不要か)があまりにもおいしくて感激したので記事に書きたくなった。しかしこれだけじゃなんだからとりあえずお気に入りのものをいくつか紹介ってことで。

  地下鉄の通路に貼ってあったポスターがきれいでおいしそうだったので(本当はそのポスターの画像を載せたかったけどもう見かけなくなってしまった)、是非買って食べてみたくなったんだけど、これが近くのChampionなどのスーパーには売ってない。そう、フランスってあちこちで新製品の広告を見かけても一向に店頭に並ばないことって多いんだよね。新製品を結構積極的に仕入れるMonoprixでやっと見つけた。
ポスターのはいかにもおいしそうであったが、実物は‥想像した以上にうまーい。今まで食べたプリンの中で一番。トロリとしていて卵とミルクの風味がたっぷり、カラメルも濃厚。

 ボンヌ・ママンの製品は私はかなり好みだ。ジャムで有名なメーカーだけどヨーグルトやプリンなどのデザート、またビスケット類も最近力を入れてるみたいで続々と種類が増えている。Petits Beurreというビスケットはおいしいし、パッケージも可愛いので日本に帰るときにいつも買っていってみんなに配るのだが好評だ。

maltaise.jpg

 これはオランジュ・マルテーズ orange maltaise という品種。この時期に見かける。すごくジューシーで甘く、酸味もちゃんとある。ちゃんと、っていうのは私は柑橘類とリンゴに関しては甘みとともに酸味もあってきりっとしたのが好きだからだ。甘いだけで酸味がないと物足りないと感じる。酸っぱいの苦手という人は多いけれど、このオランジュ・マルテーズは酸っぱすぎることはなくマイルドなので万人向けでもあると思う。 

 demi sanguine (半ブラッド)とも言われるように、部分的に赤い。皮に赤味がかってるのほど中も赤い。ちなみに私はオレンジジュースはorange sanguine(ブラッド・オレンジ)のがやっぱり酸っぱくて好きだけど、そのまま食べるにはここらで売っているorange sanguineはちと酸っぱすぎるしなにより皮がむきにくくて面倒くさい。このオランジュ・マルテーズは蜜柑並みに皮がむきやすいのもいい。ジューシーなのでオレンジジュース用、と書いてあることもある。ジュースにするとおいしいだろうとは思うけど、しかしそれももったいない気もする。そのまま食べてそのジューシーさを堪能する方がいい。しかしこのオレンジが登場するのは1月末から3月の末ということで、もうすぐ食べられなくなるのは寂しい。

 さてこのオレンジ、現在店頭に出てるのはほとんどチュニジア産のもののようだが、名前から言ってマルタ島原産かな?と思ってネットいろいろ調べたがそういう記載もなく、フルーツのオンライン販売にヒットするばかりでこのオレンジに関するデータそのものはあまり出てこない。誰か知っている人いないかな?

gelspm.jpg

 次はシャワージェル。このPetit Marseillaisのシリーズはボトルのデザインが可愛いので、やはり日本に帰るときお風呂グッズの好きな中学以来の友人にお土産としてよく買っていく。(STACY君、もちろん君のことだよ。いつも見てくれてるみたいでありがとね。)以前は他メーカーの石けん系の香りのものとバニラの香りのを使っていて、このシリーズはたまにフルーツ系の香りのものを買う程度だったが、その友人がこの画像の青いボトル、Pin & Cristemarine(マツ&クリストマリン)の香りを大いに気に入ってその後もリクエストが出たので、私も試しに使ってみた。ボトルの色とちょっと香りをかいでみた感じから最初は普通のアクア系の香りかな?と思ってそれほど興味がなかったのだが、実際使ってみるとすごく心地のいい爽やかな香りで以後愛用している。クリストマリンというのはあまり聞き慣れないが、海の岩場に生えるセリ科の植物で日本ではマリン・フェンネルとか学名そのままクリスマムマリチマム(早口言葉か?)とも呼ばれているよう。

 緑のはCedrat & Vetiver(シトロン&ベチバー)、シトロンとフランス語で言えばレモンのことだけど、日本語でシトロンというとレモンとは似てるけどまた別物らしい。このジェルはレモンの香りとも違ってて、柑橘系といえば少しそうかな?でももう少しグリーン系の香りが加わった感じでこれも気に入っている。
 茶色のボトルは最近出たばかり。Ciste & Gengenbre(シストとジンジャー)、これもまあまあ。
 そんなかんじでPetit Marseillaisシリーズは個人的にはハーブ系が好き。このほかにもいろいろ種類はあって、花の香り系とかフルーツものとか。昨日はPasteque & Melon(スイカ&メロン)なんての見つけた。新発売で期間限定ものらしいが夕張メロンのような香りでなかなか面白い。

 さて、そこで私がちょっと心配なのは以前にも書いたけど、私の気に入ってるものは製造中止になる傾向がある。最近で言うと、Picard(冷凍食品専門店)のセップ茸のラヴィオリが消えてしまったなあ・・。てなわけで上記のもの頑張って生き残ってね。
 クレームキャラメルはあんなにおいしいのに、まだボンヌ・ママンのサイトに載ってないし、モノプリ以外お目にかかれないというのはまだ試験販売中なのであろうか。
 シャワージェルはクリストマリンは売れ線ぽいので大丈夫と思うが、心配なのはシトロンベチバーだわ。



【2009/03/20 08:35】 | 生活 | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。