はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
トマトとスモモ:せっかく撮影したので
tomate.jpg

mirabelle.jpg

 天高く馬肥ゆる秋。というわけで、上の画像、両方とも日本ではあまりなじみのないものだが、まず画像上は何でしょう。唐辛子?パプリカ?いえいえトマトです。トマトコルニュ(Tomate cornue)といって、スーパーではあまり見かけないけど、8月の下旬に朝市で見つけた。タネの部分は少なく、切っても汁が流れ出るということがないのだが、食べてみるといっぱいに水気を含んでいて、何より味が濃厚で旨みたっぷり。普段トマトはオリーブオイルとバジルを散らして、時にはバルサミコ酢をかけて食することが多いが、このトマトコルニュはそんことするのさえもったいない、そのまま塩のみで食べるのが一番かもしれない。できればマイルドなFleur de sel(塩の花)という塩がいい。トマトは食べたり食べなかったりの息子もすごい勢いで食べる。数日後にまた買いに行ったけど微妙に味が落ちていて、そしてその数日後はもうなかった。本当に短い間だけしか出ないようだった。

 下の画像はどちらもスモモの仲間。緑の方は大きさも見た目も青梅そっくりなレンヌクロード、クロード王妃という意味だ。黄色い方はミラベル、大きめのサクランボ大で食べやすい。スモモはいろいろな種類が出ているが、このふたつが一番好きだ。レンヌクロードは旬を過ぎると急速に味が落ちる。おいしいときは中の果肉が黄色く、果汁も豊富で甘いが、この画像は緑が強くそろそろ味が落ちる頃だったが、翌週、トマトコルニュを買ったお店で部分的に黄金色に色づいたレンヌクロードを試食させてもらったら、旬の時特有な蜜を思わせる果汁たっぷり。また沢山買ってきた。

 果物は好きだが、ずぼらな私は息子からりクエストが出なければ、切ったり剥いたりしなければならないものはおっくう(スイカは例外)で、後で食べようとか思ってるうちに忘れて腐らせる、ということがままある。かぶりついて食べられるのでも手や口の周りがべたべたになると煩わしい。その点このふたつの果物はちょいちょいとつまみ食いのように食べられるのも便利で気に入っている。

 しかし いずれも秋というより夏の終わりが旬なのかもしれない。撮影してからブログを書くまでの間が長いので、今ひとつ季節感がずれる。


スポンサーサイト
【2009/09/13 18:40】 | 食いもん | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。