はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ジャン=ピエール・ジュネの新作
         micmacs.jpg


 何日か前のこと、ミゼットというオート三輪の写真がついた記事を見かけ、おや懐かしいのーと思い、その他のオート三輪の姿も見たくなって画像を検索していろいろと眺めていた。オート三輪は私が小さい頃にはまだ結構走っていた、って一体いつの時代だ?実家の前の道路(当時の光景)とセットで思い出される。車がやっとすれ違える程度の道幅なので大型は通れないがオート三輪をよく見かけたものだ。

 すると翌日、メトロの駅で目の前にいきなりオート三輪とその前に立ちはだかる男の姿が飛び込んできた。おや、なんだ?この雰囲気は覚えがあるぞ。

 おお、ジャン=ピエール・ジュネの新作ではないか。ジュネは「アメリ」ですっかり有名になってこれも悪くなかったが、彼らの長編第一作の「デリカテッセン」がめちゃくちゃ好きなのである。「デリカテッセン」はジュネとマルク・キャロのコンビ作品だが、もう、ストーリー、映像から音楽、ユーモアの感覚に至るまで、これは私のために作って下さったんですか?!なんて勘違い甚だしくもそう思いたくなるくらいぴったり私のツボにはまっていて、以来ジュネ&キャロ、その後ジュネ単独の作品はすべて観ている。すべて、といっても数年に1本の割合なので、作品自体そう多くないが、結構はずれもある。「エイリアン4」や「ロングエンゲージメント」などは全然別の世界に無理矢理ジュネ的色合いを押し込んだような印象を受けた。
 「デリカテッセン」の前に作られた短編の"Foutaises"も好き。フランスに来て間もない頃、ホームステイ先の白黒テレビで偶然見たけど、実際モノクロ。これをリメイクした感じのものが「アメリ」の冒頭の部分に入ってます。

 さてこの新作"Micmacs à tire-larigot"やいかに?人気俳優のダニー・ブーンが主演というのがちょっと引っかかるが。今月下旬公開だけど、その頃はちょっと観に行けなさそうなので、観るのは11月に入ってからになると思うけど、観たらまた感想でも書きます。 久々に自分の観たい映画に行くぞーって。あ、でも前回も子供にかこつけて観たパペットアニメの”Numero 9”も実は自分が観たかったんだっけ。思いきりはずれたけど。

 てなわけで新作ではなく私の愛して止まない「デリカテッセン」のシーンをどうぞ。屋根の上で2人が演奏するシーンが本当は最高なんだけど、埋め込み不可になってたので、別の演奏シーン。
 音楽担当のカルロス・ダレッシオはその翌年亡くなってしまって本当に残念。マルグリット・デュラスの「インディア・ソング」の音楽も担当していて、こちらも秀逸。今はなき名古屋覚王山のK&KでCDゲットしたなあ。



スポンサーサイト
【2009/10/12 07:01】 | エンターテインメント | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。