はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
オルリー空港
orlysud.jpg
管制塔と南ターミナル

 仕事でオルリー空港に行ってきた。オルリー空港は1974年にシャルル・ド・ゴール空港が開港するまでパリ唯一の空の玄関口だった。 古いフランス映画に出てくるパリの空港はこのオルリー。

 今は近距離便の発着がほとんどで、 日本でいうと羽田空港のような存在か。2000年前後までは英国航空、ルフトハンザなども発着してたので、日本からでも経由便で来るとたまにこの空港に着くことがあった。私も子供がまだ乳児だった頃はルフトハンザをよく利用してたのだが、 空港へはタクシーで行き来してたのであえて家から近いオルリー発着の便を選んでいた。しかし現在はそれらの航空会社もすべてシャルル・ド・ゴールの方に発着するので、オルリーに行く機会はどんどん少なくなっていった。

 なぜかいつもオルリーに向かうと、何となくうきうきしてくる。たまにしか行かないのでうれしいとか、空港に向かうとき通るところがパリ北東部にあるシャルル・ド・ゴール空港よりも雰囲気的にもいいとか、というのもあるけど、やはりそのオルリー空港そのものが好きだからだろうな。空の旅が今ほど一般的でなく、まだ夢とロマンにあふれるものであった、そんな頃の名残りが感じられる。

 一昔前まで旅行であれ仕事であれ、飛行機に乗ってどこかへ行くのなんてちょっとした行事。私が初めて国際空港に行ったのも60年代末(年がばれるね。でもかなり小さい頃)、父の知り合いがアメリカに仕事で行くのを見送るためだ。わざわざ名古屋から羽田国際空港に、2,3家族ぞろぞろ行ったのだよ。昔の空港の写真なんか見ると、旅行客は一家揃ってよそ行きの服と帽子でめかし込んでいる。空港は本当にハレの場所だったのだ。

 シャルル・ド・ゴール空港なんてあれだけ大きいのに見晴らしのいいカフェなんてありゃしない。飛行機?ふん、そんなもの今さら珍しくもないだろ、っていう成り立ちで味気ない。ゲート近くの待合室からは空港を眺められるけど、見送りに来た人とかのための展望カフェやレストランはない。

 しかし、オルリーにはあるのだ。南ターミナルの上の方の階には展望レストランがあったし(行ったのは何年も前なので今でもあるか知らないけど)、西ターミナルのカフェも外がよく見えるようになっている。カフェだけでなく通路にも外側に向けられた椅子が設けられており、外を眺めながら休憩できるようになっている。

 あとはなんといっても建物の感じが懐かしくて好きだ。管制塔もシャルル・ド・ゴールのそれよりずっと低いけどなんだか可愛い。 あとは西ターミナルにある地球儀のオブジェのようなものが目を引く。Astrolabeというらしい。

orlyastro1.jpg
西ターミナル出発階 中央がAstrolabe

orlyastro2.jpg
Astrolabeのアップ

スポンサーサイト
【2010/10/30 05:06】 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。