はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
サロン・デュ・リーヴル モントルイユ 2010
standec9.jpg
Maison des Illustrateurs のブース
 
 毎年恒例モントルイユ市で開催される児童書の見本市である。今回は初めてのオープニング参加。所属しているメゾン・デ・イラストレーター(フランス語だとメゾンデジリュストラトゥールの方が近いが、わかりにくいので便宜上、ね。)開催のコンクールに出品して、ブースに作品が展示されたのでそれで招待状が来た。コンクールといっても賞があるわけではなく恐らく参加作品はほとんど展示されたのではないだろうか。以前はもう少し参加者も多くて振り落とされることもあったが(経験者は語るのだ)。

expometamo.jpg
どれが私の作品かわかるでしょうか。

 子供と一緒に行ったのだけれど、ブースに行っても始まって時間が経ってることもあり、もうすでに小グループができてそれぞれ話に華を咲かせている。ちょっと入りづらく、ほんのちょっとあいさつを交わした程度であった。

inauguration.jpg
 今年のオリジナルバッグと招待状。去年もそうだったが無料配布のこのバッグは初日でほとんどなくなってしまう。日曜日に再び子供と行ったとき「そのバッグどこにあるの?」と何人の人から聞かれたことか。私の大きなプレゼンテーションブックには誰も目をとめてくれないのに。ふん、とひがみモード。

 アートディレクターとの面談は事前に1社アポイントが取れた。地方の小さな出版社で、ネットで見る限り自分のスタイルとそうかけ離れていないと思って希望した。AD兼社長兼編集者は丁寧に見てくれ、彼が求めているものと私のスタイルには隔たりがあったが、2つほどちょっと気を引いた作品はあったようだ。それがどちらもプレゼンとして入れようか迷った末、どんなものが目に止まるかわからないからと結局入れたもの。ひとつは10年近く前の作品で最近のスタイルと違うというのが理由。もう一つはイラレでちょいちょいと描いたCGなんだけど、去年このプレゼン作ったとき、Fは作品として見なしてなかったのか抜いてしまったのだが、私は結構気に入ってたので再び入れた。そうしたら「これ結構好きだよ」と言われた。また新しい作品できたら躊躇しないでいつでも見せて、と名刺を渡された。去年見てくれたADもそうだったが、傾向としてに小さなところの方がちゃんと見てくれる気がする。

 去年と言えばアポイントが取れなくて、その分なにがなんでも現場でなんとかするぞーって熱が高まり、空きが出るの待ってその面談会場でアポイント取り付けたりブースで直接見てもらったりしたのだった。そんなハイテンションな去年とはうって変わり今年はテンション低かった。空きが出るまで粘るなんて、今年はそんな気にならなかったし、ブースで突撃、見て下さいなんて、どうして去年はできたのだろう。若かったのね、きっと(1年分)。しかしあれはホント、エネルギーいるけどね。

しかし、来年は本当に頑張らねば。
スポンサーサイト
【2010/12/16 07:45】 | 絵本・イラストレーション | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。