はちみつ茶房
ミエルと申します。イラスト描き。ただいまの目標はフランスでの絵本の出版。一児あり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
オハイオプディング
実家にある母の古い料理本に載っていて、ずっと気になっていたお菓子、オハイオプディング。

avec_sauce

日本語で検索したらヒット件数はゼロだったので、おそらく今はほとんど作られていないのではないだろうか。
つまりネットで紹介するのは日本語だとこれが初めてなのかも。

Ohio Puddingで検索すると英語のサイト幾つかにヒットするけど、やはり古いお菓子のよう。
紹介のみで実際作った人はそうないのか、バリエーションは少なく、画像は小さなものが1件見つかったのみ。
もしかして今世紀入って日本で作られたことはないのでは?
ニンジンやじゃがいもが入っていて、「複雑な味のする」と書いてある。
一体どんな味なんだろう?

というわけで作ってみた。
レシピでは蒸して作るのだが、うちには蒸し器がないので、焼きプリンの要領で、お湯張った耐熱皿に型を入れて蒸し焼きにした。
cuit

これが思いのほかいける。もっちりした食感はじゃがいものすりおろしがはいっているためか。
上にかけるソースは牛乳とバターが入ってるけど、プディングそのものはバターも卵も入ってなく、すりおろしたニンジンが入ってたりで、カロリーもそう高くなさそうだしヘルシー、でも濃厚な風味で食べごたえがある。
ヴィーガンにもおすすめできるかな。

sans_sauce.

プディングと言っても、英語で言うプディングは必ずしもプリンのことではないので、これはどちらかと言うともっちりしたフルーツケーキといった感じだろうか。
次回はソース作らなくてもいいかな。

couverture

林とし著 「新しい料理」 光文書院
母が結婚する時に持ってきた料理本で、これはすでに何版目かで昭和34年か35年発行だったか。
初版は昭和32年くらいだったと記憶している。
今手元に持ってきてない上、発行年月日写真に撮るの忘れたのでちょっとうろ覚えだがそんなもん。

当時としては最新の料理やお菓子のレシピがいっぱい。
私が幼い頃には食べたこともなかったスコーンもマフィンもアップルパイ、レモンパイも載っている。
特にマフィンとスコーンが一般に広まったのなんて、80年代に入ってから、つまりこの本が出て20年以上経ってやっと知られるようになったのではないだろうか。このレシピはアメリカ式なので、イングリッシュマフィンではなく、カップケーキ式のマフィンだが。
オハイオプディングの英語のレシピ見て、気づいたのは、この本に載ってるレシピと寸分違わないこと。
ほかのレシピの記述から、著者の林としさんはアメリカで色々なお菓子を学ばれたよう。

西洋野菜についての記事には、今でも日本では珍しいポロネギや、アーティチョークまで紹介されている。
中学の時、初めて手作りのカスタードプディング作ったのも、高校の時初めてアップルパイ作ったのも、この本のレシピで。
アップルパイは「アメリカのご婦人に習った方法で、もとは黒人のおばあさんがラードで作っていたそうです」なんて書いてある。
リンゴをあらかじめ煮ないで、そのまま入れるのもアメリカ風。

最新のレシピが載ってたりするわりには、パーティー用のテーブルが紹介してある巻頭のカラーページは、モノクロに着色したものであるあたりが面白い。この頃はカラー写真ももう珍しくなかったはずだが。
和食のページだったか、レシピによっては、量が匁でも併記してあったり。

recette_ohio

さて、レシピ。

オハイオプディング材料と分量(一〇人分) 砂糖カップ一杯 小麦粉カップ一杯、ベーキング・パウダー小匙二杯、 塩小匙一杯、 重曹小匙一杯 、おろしたじゃが芋カップ一杯、おろした人参カップ一杯、レーズンとカレンズカップ二杯

【 全量当 熟量三,〇五〇C、 蛋白三九g】
作り方
砂糖、小麦粉、ベーキング・パウダー、塩、重曹を量って一緒に振い、ボールに入れます。 レーズンは一粒を二つか三つに切って粉にまぶし、 バラバラにして入れます。 じゃが芋と人参のすったものも加えてよくまぜ合わせ、 ドロッとした たねを作ります。前のプラムプディングと同様に型に入れ、二時間以上煮るか、蒸すかします。 でき上がったところは前のプラムプディングと同じようです。ごく手近な材料で簡単にできる、 しかも複雑な味のするまことによいプディングです。次のオハイオソースをかけていただきますが、 前述のハードソースでもよろしいのです。

★オハイオソース
材料と分量( 一〇人分)
バタ大匙五杯、砂糖カップ2/3杯、エバミルクか牛乳大匙三杯、刻んだクルミ大匙二杯、刻んだ干ナツメ大匙一杯、レモンエッセンス小匙1/4杯
作り方
前頁のハードソースと同じに作ります。


ハードソースは下記を参照。クリスマスプディング用のソース。


ハードソース材料と分量( 一〇人分)
バタ大匙四杯 白砂糖カップ一杯
バニラ小匙一杯 ミルク大匙二~四杯

作り方 小丼にバタを入れ、 温かいところでこねて柔らかくしながら砂糖とミルク、 バニラをまぜ合わせてクリーム状にし、 熱いプディングにかけます。 プディングが熱いのでかけるとバタが溶けてしみ込んでいきます。 クリスマスに必ず食べる濃い味と強い香りのする、日本の練羊羹とも言うべき上等のプディングです。


で、「日本の練羊羹とも言うべき上等のプディングです。」と言うのはクリスマスプディングのこと。
練り羊羹に例えるというのも昔ならではと言った感じ。
それにしても「まことによいプディングです」ってのがなんか素敵。

最初は全体を半量にした以外は分量通りに作ったけど、かなり甘いの次回は砂糖をちょっと減らしてみよう。
レーズンからも結構甘みが出る。

ちなみにこちらは英語のサイト。元が同じようで、上記と全く一緒。
これが一番元なのかはわからないけれど、出典は"The Boston Cooking School Cookbook, 1938" だそう。
ほぼ80年前。

http://www.yesterdaysrecipes.com/recipes/ohio-pudding

【2017/02/20 08:15】 | 食いもん | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<スタンプ作りました | ホーム | 久しぶりなので>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://abeillebee.blog41.fc2.com/tb.php/113-a0789411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Miel

Author:Miel
生活に追われつつも
イラスト描いてます。
怠け者なので、
ブログの更新はまめではないですが
どうぞよろしく。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。